SHARE

RIZE結成20周年イヤーを彩る7年ぶりの
オリジナルアルバム!

"RIZE IS BACK"1997年の結成以来、数々の歴史にその名を刻んできたロックバンドRIZEが待望のオリジナルアルバムをリリース。
『WOWOW NBAバスケットボール16-17シーズン』イメージソング「ONE SHOT」や超人気アニメ『銀魂』エンディングテーマ「SILVER」といった最新のヒットナンバーはもちろん、新曲を含む全14曲を収録予定。それぞれの活動でも存在感を発揮する3人が揃うときに放たれる輝きと鼓動が詰め込まれたRIZEユニークの歌詞とサウンドが印象的な、"10 YEAR'S STRONG, 20 YEAR'S DEEP"のキャッチコピーにふさわしい20年目の深みを感じられるマスターピースと言える1枚です。
CDに加え"RIZE TOUR 2016"ツアーファイナルのライブ映像を収録したブルーレイや、20年の歴史を紐解くメモリアルブック、購入者がオリジナルのネームを入れることができる”RIZER’S CLUBオリジナルドッグタグ”さらに記念デザインの”20周年メモリアル勲章”やTシャツなどここでしか手に入らない限定グッズを同梱、オリジナルBOXに入れてお届けします。 初回生産限定盤には"RIZE TOUR 2016"ツアーファイナルのライブ映像に加え貴重なドキュメンタリー映像を収録予定。さらにコレクターアイテムとしてアナログ盤も同時リリース。

FromRIZE

収録曲は7年前に出来たものからつい最近出来たものまであり、その間のRIZE、そして現在のRIZEを表現した作品に仕上がっている。前作「EXPERIENCE」からライブを重ね育ててきた「TKC」や「後ろの少年」など、気がつきゃやっぱミクスチャーなんだな、と楽曲が仕上がっていく度につくづく思いました。RIZERのみんな、お待たせしました。8枚目のアルバム「THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~」。Enjoy!

初回生産限定盤 [CD+Blu-ray]

初回生産限定盤 [CD+Blu-ray]

2017年9月6日発売
ESCL-4890~1 / ¥4,630(税抜)

[Blu-ray] 
  • RIZE TOUR 2016 “RIZE IS BACK”ツアーファイナル<2016.11.27 Zepp DiverCity>ライブ映像
  • RIZE TOUR 2016 “RIZE IS BACK”ドキュメンタリー映像
ご購入はこちら
通常盤 [CD]

通常盤 [CD]

2017年9月6日発売
ESCL-4892 / ¥2,778(税抜)

ご購入はこちら
完全生産限定盤/アナログ盤 [2LP]

完全生産限定盤/アナログ盤 [2LP]

2017年9月6日発売
ESJL-3091~2 / ¥3,333(税抜)

ご購入はこちら

MUSIC VIDEO

Good Day

TKC

Coming soon

TRACK LIST

  1. 〜PROJECT FROM THE EAST TOKYO〜
  2. 帰ってきたサンダーボルト
  3. ALL DOGS
  4. Good Day
  5. うしろの少年 (モンスターエナジー「モンスター ロッシ」イメージソング)
  6. 〜What time is it〜
  7. ONE SHOT(EP edition)(「WOWOW NBAバスケットボール 16-17シーズン」イメージソング)
  8. JUSTICE
  9. NOTORIOUS(ALBUM ver.)
  10. LOVEHATE(ALBUM ver.)
  11. In or out
  12. TKC
  13. COLOURS
  14. PARTY HOUSE(ALBUM MIX)
  15. Where I belong
  16. 〜PROGRESS〜FIRE BALL
  17. SILVER (テレビ東京系アニメ「銀魂.」エンディングテーマ)

SELF LINER NOTES are written by Rio (Gt.)

iTunesでの購入はこちら

店頭特典

RIZE 『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』(いずれかの形態)を下記対象店舗でお買い上げの方に、先着で店頭特典をプレゼント!

※特典は数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。ご了承下さい。
※下記店舗・ECショップ以外での配布はございません。

■TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)

内容:『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』ラバーバンド

『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』ラバーバンド
『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』ラバーバンド拡大する

■TSUTAYA RECORDS全店(一部店舗除く)

内容:『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』缶バッジ

『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』缶バッジ
『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』缶バッジ拡大する

※TSUTAYA onlineは予約分のみ対象となります。

■RIZE特典対象店舗

内容:『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』カートゥーンデザインB3ポスター

『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』カートゥーンデザインB3ポスター
『THUNDERBOLT~帰ってきたサンダーボルト~』カートゥーンデザインB3ポスター拡大する

対象店舗はこちら

北海道
  • We'sイオンモール旭川西店
  • HMV 札幌ステラプレイス
秋田県
  • HMV イオンモール秋田
茨城県
  • HMV イオンモール水戸内原
  • 新星堂 水戸店
栃木県
  • HMV イトーヨーカドー宇都宮
群馬県
  • HMV イオンモール太田
  • HMV イオンモール高崎
埼玉県
  • HMV 大宮アルシェ
東京都
  • HMV record shop 渋谷
  • HMV ルミネエスト新宿
  • HMV record shop 新宿ALTA
  • HMV record shop コピス吉祥寺
  • HMV エソラ池袋
  • HMV 立川
  • HMV イオンモールむさし村山
  • ヨドバシカメラ マルチメディア Akiba
神奈川県
  • HMV ラゾーナ川崎
  • 新星堂 上大岡店
愛知県
  • HMV イオンモール岡崎
  • HMV イオンモールナゴヤドーム前
  • HMV イオンモール扶桑
  • HMV イオンモール木曽川
京都府
  • JEUGIA イオン久御山店
大阪府
  • 新星堂 天王寺ミオ店
香川県
  • デュークショップ 高松店
大分県
  • HMV パークプレイス大分
宮崎県
  • 新星堂 イオンモール宮崎店
沖縄県
  • サウンドボックス ミツトモ
オンライン
ショップ
  • ローチケHMV
  • Sony Music Shop
  • ネオ・ウィング
  • Amazon.co.jp

COMMENT

AI

AI

RIZE 結成20周年おめでとおおおお!!!!
みんな昔からサイコー、最近ゆっくり会えてないけどアルバム聴く限り今もサイコー。っw
何年たってもいつまでもピュアな人達でいてくださいw

Love u guys, and 
Thank u for the  good music!!!!

綾小路翔(氣志團)

綾小路翔 (氣志團)

RIZE結成20周年、そしてニューアルバムリリースおめでとう。
JESSE、あっくん、kenken。個々で何でも出来るのに、3人揃った瞬間のあの無敵感と言ったら…。なんかもう俺にとっては戦隊ヒーローに近い存在。轟音戦隊ライズマン。
デビュー当時、一緒に地方のライヴハウスを回ったあの頃から、何一つ変わらない輝き、しかし途轍もなく進化したサウンドとグルーヴ。この最強状態のRIZEとまたタイマン張れるよう、俺らも気合い入れ直します。
素晴らしい作品をありがとう。これからも夜露死苦。
P.S. 愛羅武雷図♡

Char

char

なんと申しませうか、隙が無と云うか。とにかく他に類を見ない雷図流のサムライサウンドなのであります。
こんな奴等に徒党を組まれ、攻めてこられたら、私は逃げます。アルバムを聴いただけでそう思うんですから、ライブは行かない方がいいと思います。
行くなら覚悟せよ。

ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)

ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)

RIZEはずーっとカッコいい。
しかし、そう在り続けるのはとてつもなく難しいことだ。
これから先も、RIZEはずーっとカッコいい。

市原隼人

市原隼人

約15年前。空くんの家に遊びにいったら、スプレー缶、片手に服やcapに言葉を染み込ませてたり、ライブではマイクを通してメッセージを叫んでいたり、周りには常に音楽があり、ライフスタイルや、人生そのものがrockで何時何処でもストリートのアーティストだった。捉え方、見方、感じ方、この人がいなかったら自分の人生は変わってると思う程、色んな事を学びました。
ライブで、あっ君の抜けるような色気のあるドラムにやられ、芝居でも温かく真摯に向き合う姿勢が印象的。
KENKENは…ヤバい(笑)ステージで虜になるのに1秒いらなかった。
憎いほどRIZEを越えるライブを魅せてくれるバンドは見た事がありません。
断片的ですが、様々な壁を見てきた。
“ストリートとメジャー”
“表現の自由”
“肩書きを外した背中”
“多くのものを背負った背中”
RIZEが叫び続けているのは、伝えきれていない何かがあるから、それを自分も全力で追いかけていきたい。20年が経ち、今尚、新鮮で正面から音とオーディエンスと向き合う姿に惚れてます。
RIZEの通過点であり、新たな門出である“new album”待ってました!

亀田誠治

亀田誠治

絆で奏でられた音楽は最強だ。
RIZEはいつだって強く優しく激しく僕らを光に導いてくれる。
きっとRIZEこそがサンダーボルトなんだと思う。
20周年おめでとうございます。

金子マリ

char

惑いなき明日を呼ぶ雷鳴とどろく中でcharge満タン蓄えた余裕感じるjesseのメッセージに同調し増幅するGroove!
絶対生RIZE見たくなるよね‼
私はどんなときでも明日を目指すこの子達が愛おしい。

(DIR EN GREY)

薫(DIR EN GREY)

見事に経験と冒険、そしてミラクルが起きているアルバム。
自分達も20年続けてきました。このアルバムを聴き、身が引き締まる思いになったのと同時にパワーを貰った気がします。

どんな景色を魅せてくれるのか。
武道館が楽しみです。

加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)

加藤隆志 (東京スカパラダイスオーケストラ)

RIZE結成20周年おめでとう!
生まれる前から出会いを約束されていたであろう3人の強固なグルーヴがキャリアを重ねるごとに、より自由に、より柔軟に進化したことがこのアルバムから伝わりました。
これからもずっとこのメンバーで鳴らし続けてください!

北野賢(リズム&ドラム・マガジン編集長)

北野賢 (リズム&ドラム・マガジン編集長)

20周年&新作完成、おめでとうございます。
ミクスチャー・ロックの伝統に則ったヌケの良いスネア・サウンド、抜群にカッコいいと思いました。
木胴でちょっと小さめの13”スネアと勝手に予想したのですが、どうでしょうか(笑)?
いつかどこかで答え合わせできればと思います!

小高和剛(ダンガンロンパシリーズクリエイター)

小高和剛(ダンガンロンパシリーズクリエイター)

「大人になったなー」「丸くなったなー」と自分で思っていたところに、久々に"あの感覚"を蘇らせてくれた。
心が勃起した。
良かった、俺はまだ枯れていなかった。

Koie(Crossfaith)

Koie(Crossfaith)

雷が来たと思ったらいきなり雨降り出すし、五分後には暖かい太陽がまた顔を出す。
人間が造った作品だからこそ、色んな表情を見せてくれる。そんな作品。
「生きる事に興奮しろ」この一言がアルバムを集約してるように感じました。
まだまだみんなで人生遊ぼうぜ!!!

近藤隆久(ベース・マガジン編集長)

近藤隆久(ベース・マガジン編集長)

メンバー全員が全力疾走した結果、まったく同じタイミングでゴールしちゃうような、ミラクルの連続が詰まった作品。
10年前でも10年後でもなく、今の時代だからこそ響く音像だし、この作品からミクスチャー・ロックの再定義が始まったと思っている。

MAMI(SCANDAL)

MAMI (SCANDAL)

結成20周年おめでとうございます!!
そして最高にカッコいいアルバムをありがとうございます!
RIZEの音楽を聴いていると、なんだか自分自身の心も体も強くなれる気がするんです。
本当にすごいエネルギーを持ったバンドだと思っています。ずるい!
LIVEでもこの痺れるサウンドを是非体感したいです!
また観に行かせてください!

Masato(coldrain)

Masato(coldrain)

RIZE IS BACKすんなー!って後輩としてライブを見るたびに思います笑。こんなやばいアルバムまで作って!
でも倒したい先輩が常に強くなっていくのも後輩として見てて幸せです。
coldrainとしては越えられないから負けたくないまでは来れた気がするから戦いじゃない戦いこれかも一緒にさせてください。
最高のアルバムリリース。20周年おめでとうございます。
much love & respect

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)

RIZE20周年オメコー!
お洒落な不良感やストリートカルチャーとはまったく無縁の僕ですが
90年代後期、10代の僕は柄にもなくMIXTURE/RAPCOREのCDをよく買い漁っては聴き狂ってました。
RIZEは“あの頃”の「悪ガキの鳴らすロック」のカッコ良さが年々どぎつくパワーアップしていて、もう舌打ちの連続です(笑)

そしてRIZEと言えば、ギターのRIO(何がRIOやねん!うちらの中では下ちゃん)。
奴は知る人ぞ知る、マキシマム ザ ホルモンでベースの上ちゃんがまだ加入する18年ほど前にサポートベーシストとしてホルモンの一員だった男なのだ!
ホルモンの事務所「ミミカジル」では第一弾アーティストとしてホルモンより先にCDをリリースしたバンドのリーダーでもあり、
(事務所の名前を決める時、あいつは「妹泣く」という名前を推してきたが、結局最終的に俺の考えた「ミミカジル」が採用された)。
そんな旧友、下ちゃんことRIOは自身のやってたバンドメンバーにとてもスパルタで厳しく、
「優れたバンドはメンバーそれぞれがいちアーティストとして個性を確立していなくてはいけない」という理念から、
「お前ら一週間でソロ作品作って来い」という無茶な難題を与え、メンバーはそれについていけず惜しくもそのバンドは解散してしまったわけだが、
数年後、気がつけばまさにメンバーそれぞれが個性を爆発させまくっている「あの最強の3人」と一緒にギターを弾いていたのである!あっぱれ!

Micro(Def Tech)

Micro (Def Tech)

ハワイにアルバムを持っていって今、
クルージングしながらアルバムを聴いてる。
Jesseの中にいる311, 
Rage against the machine,
Red Hot Chili Peppers, Incubus, Limp Bizkit, 
が一気に溢れ噴き出してきたようなアルバムだ!!
アルバムが7年ぶりって外タレか!笑
そりゃそうだ、僕にとっては地球最高、
宇宙最強のロックバンドRIZEは外タレ以上だからね。
個人的には9曲目のNotoriousからの流れがたまらい!
ようするに、わかってんだろー!!!!

MINMI

MINMI

JESSE、あっくん、KenKen、RIZEのみんなアルバムリリースおめでとうございます。
NEW ALBUM最高じゃないですか!HIP HOPのグルーヴがありながら生バンドであるRIZEにしか出来ないサウンドではっきり言ってジェラシーです!
POPなメロディーや音楽性が今回グッと広がっているように感じるには私だけかな?このアルバムと一緒にロングドライブ行きたいな、、
これから1年通してこのアルバム聴くよ。
FREEDOMで生で踊らせておくれ!最高です。
武道館も12/20行きたいな、、大成功を祈ってます。愛を込めて。

MIYAVI

MIYAVI

日本で、数少ない、本物のロックバンド
彼らと同じ世代で音を鳴らせる事を、心から光栄に思います
Respect

NOBUYA・N∀OKI(ROTTENGRAFFTY)

ROTTENGRAFFTY

NOBUYA

MIXTURE IS BACK
RIZE IS BACK
有言実行
名盤必聴

N∀OKI

天晴れハラショー
ACTION  &  DIRECT
20周年 誉 誉 誉
新譜  祝  祝   祝
NEVER SURRENDER‼
NEVER GIVE UP‼
NEVER MIND BLOOKS‼
百戦錬磨なアインシュタイン
まるでブッとんだ仏陀の様に
SOULを刻んで描き生きる
奇跡の ROCK  BAND
今が1番ぶっ飛んでる
紛れも無い現在進行系の
RIZEここに在り

大澤敦史(打首獄門同好会)

大澤敦史(打首獄門同好会)

バンド続けるほどつくづく思うのは、キャリアという強さばかりは真似して敵うもんじゃないってこと。
20年目のRIZEが弾かなきゃこの音にならないんだよな!ってグルーヴ、詰まってました。
20周年おめでとうございます!

Salyu

Salyu

カミナリおちました。
バンドのかっこよさに感電。
作品をひっさげてのライブも
楽しみです。

佐藤隆太

佐藤隆太

ラウドでヘビィなサウンドの中から、メンバーが持つ温かさが伝わって来るのは気のせいか。
待っていたRIZERとの繋がり、仲間との繋がり、そしてメンバー同士の繋がり。
そんな絆が感じられて。嬉しくて。泣けてくる。
『めちゃくちゃカッコ良くて、優しい』
Our RIZE is back!

シシド・カフカ

シシド・カフカ

20周年おめでとうございます!
強くしなやかで荒々しくて洗練されている。剥き出しのサウンドがRIZEで、最高に格好良いです。
その背中追いかけます!

Taka(ONE OK ROCK)

Taka (ONE OK ROCK)

20周年おめでとうございます!
バンドを続けるのは本当に簡単なことではありません。
ましてや僕がバンドをやるきっかけを作ってくれたバンドが実際にそれを実行しているのは本当に僕自身素晴らしい先輩の背中を追いかけることができて幸せだなと思います!

上田剛士(AA=)

上田剛士 (AA=)

20年前のある日、少し生意気そうな少年に会った。
真っ直ぐな熱い目で「いつか同じステージに立つんで見ててください!」と宣言して来た。
あの日の少年は、RIZEのジェシーとして今も同じ目でステージに立っている。
同じ目を持つ仲間たちと共に。
20年分のエネルギーと、あの日の少年達の真っ直ぐさに満ちた「帰ってきたサンダーボルト」。
最高だね。

UZMK

UZMK

アルバム発売おめでとう!
全曲聴いて思った事は、何をやってもRIZEの音になってるって事やなぁ!
それぞれの個性が強くてハッキリしてるのに、でも絶妙に重なり合ってる。
もちろん長くやってきた成果でもあるけど、メンバーのバンドに対する「愛」がめっちゃ伝わってきた。
特に『JUSTICE』のドラムは、あっくん節が炸裂やね!(緑妖怪太鼓目線笑)

同世代バンドとして、これからも良きライバルであり、良き仲間で!
感謝。

改めて20周年おめでとう!

やべきょうすけ

やべきょうすけ

キターッ!
ホント長い間、待ってた!
そして待った甲斐があった!
誰かが決めた皆んな一緒の動きやノリ方をする必要のない音楽だッ!
好きな時に、感じた時に、拳を突き上げ体を揺らす、個人の感性で音を楽しめるアルバムだッ!
音を楽しむ為に楽な道を選ばず、誰に媚びることもなく歩み続けた20年の月日の中で生まれた、今のRIZEの音を聴きLIVEで体感するのが、また楽しみだッ!

あッ!
言い忘れた!

お帰り!
そして…
ありがとう!

山岸竜之介

山岸竜之介

僕が初めてRIZEを見たのは2008年、TKOツアーでした。衝撃的にかっこよかったのを今でも覚えています。
その頃から、いい意味で変化せず、進化し続けているなぁとCDを聞かせていただき思いました。
今回の「Good day」のMVにも少し参加させて頂いてるのですが、僕はアルバムの中でGood dayが一番好きです!
メロディが最高。早く、このアルバムの曲をライブで聴きたいです。

1.〜PROJECT FROM THE EAST TOKYO〜

1997年、デビュー前のRIZEが自主制作で作った幻の3曲入りCD、
「PROJECT FROM THE EAST TOKYO」の冒頭に収められていたSEをそのまま収録。
あの頃から変わる事のないRIZEの意思を感じてほしい。

2.帰ってきたサンダーボルト

JESSEが作ってきたTRAPサウンドのデモを元に様々な形のアレンジが試行されたが、
あえてバンドサウンドを捨てる事によってJESSEの言葉が突き刺さる。
20年を経て、再襲来を行うRIZEからの宣言。

3.ALL DOGS

古来より男達の意思は変わらない
古いものは常に新しく響き、闘争心は最強のグルーヴへと昇華する。
今を戦う者達へ捧げられた始まりの唄。

4.Good day

様々な事情や状況が複雑に絡まり合う現代という時代。
2度と訪れる事のない今日という大事な1日を、悪いとするか良いとするかは己自身。
アイツが良い日と歌っていたならきっとそうに違いない。

5.うしろの少年

なんの変哲も無い毎日。時々背後から視線を感じる時がある。
浅いようで深く、無いようで確実に存在する意味や意義。
幼き頃の自分と向き合う覚悟を忘れてはならない。

6.~Waht time is it~

2017年の春ツアーのイントロ用に作られた、JESSEとDOC-DEEによるHip-Hopトラック。
ONE SHOTへと続く構成となっており、ライブの興奮が甦る。

7.ONE SHOT

もともとあっくんがWOWOWでNBAのコメンテーターをやっていた縁でテーマ曲を作る事に。
バスケ大好きな彼らがバスケに熱中していた90sの時代感をベースに作り上げた秀作。
歌詞にはマニアならではの仕掛けがいっぱい。
「SILVER」のシングルのために、改めてレコーディングされたバージョンを収録。

8.JUSTICE

RIZEが世に投げかけるテクニカルなヘヴィーロック。
正義とは時代の勝者が造り出すもの。それでは善とは?悪とは?
想像する事が天秤であり、創造する事こそが本当の正義なのかもしれない。

9.NOTORIOUS

LOVEHATEのカップリングとして収録されたライブでもおなじみの曲を、アルバムのために再レコーディング。
ライブの中で育てられた揺れるグルーヴとラップの絡みは、今のRIZEにしか出せないサウンドである。
石野卓球氏が手掛けたリミックス "Acid Sucker Mix" も記憶に新しい。

10.LOVE HATE

2014年リリース、放送禁止ワードを連呼しオンエア不可になるもその愛憎入り混じるリリックが話題を呼び、
iTunes総合チャートで1位を記録したヒット曲。NOTORIOUS同様再レコーディングされた。
今回はリリックをいよいよ全部掲載してみる。FUCK YOU BITCH.

11.In or out

今までになかった、大人になったRIZEを感じる事ができる1曲。
人間とは闘争本能を備え持つ生き物である。それはカードテーブルの上でも、地球儀の上でも同じ意味を持つ。
DNAが持つ記憶の束縛から逃れた者こそが、最強の「Hand」を持つ事ができる。

12.TKC

以前からすでにライブでは定番になっている曲がついに収録される事となった。
JESSEがよく言う「腐った街東京」でもその中でエネルギーを発し続けているRIZEのTOKYOCITY感を曲に。

13.COLOURS

「RIZEの遺伝子」を着実に受け継いだヘヴィーナンバー。
変わらないメッセージ。進化を遂げたサウンド。
これこそが今のRIZEの姿である。

14.PARTY HOUSE

2015年リリース。その年のFUJI ROCKより披露し後のライブの定番曲に。
打ち込みとハードコアを融合したデジタルロックの未来形楽曲。

15.Where I belong

人生とは思った以上にシンプルなものなのかもしれない。
淡々と語られる自分の居場所や進んできた道を自分に問いかけるRap。
あの時も今も変わらずずっと自分を探している。

16.~PROGRESS~ FIRE BALL

共に20周年を迎え、互いに進化を続けるFIRE BALLから贈られたエール。
アルバムのエピローグとしてふさわしいメッセージが込められている。

17.SILVER

アニメ「銀魂」が大好きなKenKen。
大好き過ぎて頼まれる前から勝手に作っていたテーマ曲がついに日の目を見た。
JESSEの前向きな人生観と共に、アルバムを締めくくるエンディングテーマとなる。